副詞

「ちやほや」の語源

今回、語釈を引用した国語辞典は
『福武国語辞典〈新デザイン版〉』

ちやほや

◇ 語釈
甘やかしたり、お世辞を言ったりしておだてるようす。「―されていい気になる」

語源
花や蝶や(蝶よ花よ)

◇ 私見

1001年枕草子みな人の花や蝶やといそぐ日も
わが心をば君ぞ知りける
1010年源氏物語花や蝶やとかけばこそあらめ、
わが心にあはれと思い
1055年堤中納言物語うらやまし花や蝶やといふめれど
皮虫くさき世をもみるかな
1831年仮名文章娘節用
(前編上巻)
蝶よ花よとそだつるうち
1834年仮名文章娘節用
(三編中巻)
生れ落からちやほやいつて。
あんまり大事にしすぎたゆへ
1834年恩愛二葉草ちやほやと歓待(もてな)せしは

人情本『仮名文章娘節用』において、同じ文脈かつ、同じ意味で「蝶よ花よ」が使われていることから、「ちやほや」の語源が「蝶や花や」であり、江戸時代に広まった語とする説でほぼ間違いないと思われる。

ふんわりとしたまとめ

ちやほやの語源は、蝶や花や


参考

  • 国立国語研究所『日本語歴史コーパス』
  • 福武国語辞典〈新デザイン版〉

-副詞
-

Copyright© 気になる言葉 , 2019 All Rights Reserved.