名詞

「幸せ」の語源

11月 26, 2019

今回、語釈を引用した国語辞典は
『岩波 国語辞典 第7版 新版』

しあわせ【仕合せ/幸せ/倖せ】

◇ 語釈
①まわり合わせ。運。なりゆき。
②運がよいこと。幸運。幸福。

◇ 解字
【幸】象形。手かせの象形。執が手かせにとらえられた形であるのに対して、さいわいにも手かせにはめられるのを免れて、しあわせの意を表す。音形上は佳に通じ、めでたい・よいの意を表す。

語源
為(し)合はすの連用形の名詞化

◇ 私見

平安末~鎌倉初期
『古本説話集』
多くの物ども損じて、今日の供養に
為合はせすべきにあらず
うまく合う
ようにする
1489年頃
『雑事覚悟事』
もろひざをつきてもくるしからず。
当座のしあわせによるべし
めぐり合わせ
1520年頃
『中華若木詩抄』
学問して、功名を立んと思たれば、
何とやらん、しあわせわるうて
めぐり合わせ
1527年頃
『三体詩抄』
為合はせ悪しくして、落第したぞめぐり合わせ
1534年
『四河入海』
不思議にしあはせがよう勝つまでぞめぐり合わせ
室町時代
『御伽草子 鶴の翁』
今日は為合はせよく侍りて、
多く釣り候ふなり
めぐり合わせ
室町末~江戸初期
『虎明本狂言』
そなたは仕合な人じゃ〈略〉
それは誠に仕合でござる
幸運
江戸初期
『狂言六義』
そなたは天下一のしあはせな人ぢゃ幸運
1636年
『仮名草子 可笑記』
仕合せ次第に札を落し

めぐり合わせがよい場合にも悪い場合にも用いられていた「仕合わせ」という語は、室町時代から江戸時代にかけて、評価する語を伴わず良い評価を示すようになったと思われる。「天気」などもこれと同じで、その言葉のみで晴天を示すようになった語である。

ふんわりとしたまとめ

幸せは、為合はすの連用形の名詞化


参考

  • 岩波 古語辞典 補訂版
  • 岩波 国語辞典 第7版 新版
  • 暮らしのことば 新語源辞典
  • 国立国語研究所『日本語歴史コーパス』
  • 精選版 日本国語大辞典
  • 日本語源大辞典
  • Wikipedia -古本説話集-

2019/11/22 に『岩波 国語辞典 第8版』が刊行されたので、第7版は捨てて、次回から第8版を使う予定です。

-名詞

Copyright© 気になる言葉 , 2019 All Rights Reserved.