環境

「星」の語源

10月 25, 2019

今回、語釈を引用した国語辞典は
『明治書院 精選 国語辞典 [新訂版]』

ほし【星】

◇ 語釈
①夜空に小さく光って見える天体。
②小さくて丸いもの。
③目当て。目星。「星を付ける」
④相撲などで勝負を示す印。「白星」
⑤年月。「星移り、人変わる。」
⑥九星の内で、その人の生まれ年に当たる星。運勢。「よい星の下に生まれる」⇒宿命
⑦犯人。

解字
形声。もと、晶+生声。晶は、ほしの象形。生は淸に通じ、すみきっているの意。澄んだ光のほしの意。

語源説
①ホは火の義、シは助詞
②ホイシ(火石)
③ホシロ(火白)
④外来語から

火の語源はこちら

◇ 私見①~③
「火影(ほかげ)」「火垂る(ほたる)」のように、火(ほ)は多くの語に付いて複合語をつくる。したがって、これらの説は、火と何かしらの語が結びついたと考えたのだろう。

◇ 私見
奈良時代もしくは平安時代以降に、p →(f → )h に発音が変化したため、火(ヒ・ホ)は火(pi・po)と発音したという。次の表に、外来語説の根拠とされるものをまとめたが、非歴史的な類似語並列にはあまり意味がないと思われる。

語族語派言語星の意
孤立言語アイヌ語nociw
朝鮮語pyöl
シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派グルン語pira
ナガ語peti/piti-nu
オーストロアジア語族モン・クメール語派モン語noung
ムンダ語派ホー語ipil
コルク語epil
サンタル語ipil
ムンダリ語ipil
ツングース語族南ツングース語派ナナイ語pöul
満州語ushiha

筆者は、とても身近な存在である星は、古くから日本にあった言葉だと勝手に思っているが、『岩波 古語辞典 補訂版』は、星が朝鮮語 "pyöl" と同源と明記している。

その他
星を想像すると、星空よりも星一つ、もしくは、まばらな星々が思い浮かぶ。しかし、古代は光害がないのだから、晴れた夜の日には満点の星空が広がっており、星々は今よりもずっと密集していたはずだ。自然環境において、夜に影を作るものは3つあるという。月と金星と天の川だ。それくらいに星空は明るい。したがって、星の語源が「火」であることは自然だと思う。

ふんわりとしたまとめ

星の語源は、火(ほ)かもしれない


参考

  • 岩波 古語辞典 補訂版
  • 広漢和辞典
  • 国語語源辞典
  • 日本語源大辞典
  • 明治書院 精選 国語辞典 [新訂版]

-環境

Copyright© 気になる言葉 , 2020 All Rights Reserved.