動物

「ふくろう」の語源

10月 23, 2019

今回は『ブリタニカ 国際大百科事典』を語釈として用いました。

ふくろう【梟】

◇ 語釈
フクロウ目フクロウ科。全長50cm。羽角はなく、羽色は暗褐色や黄褐色の複雑な縞の入った灰褐色である。虹彩は褐色。全国の低地から低山帯のよく茂った林に留鳥としてすみ、日中は木の枝に止まって休み、夜間活動してネズミなどをとる。3~4月頃、木の穴や崖の穴、建物のすきまなどに白い卵を2~4個産む。雄は「ごろすけほーほー」と聞える太い声で鳴く。昔は人家付近にも普通にみられたが、近年は減少している。

◇ 解字
会意。鳥+木。鳥を木の上につきさしたさまで、ふくろう・さらすの意を表す。

語源説
①鳴き声から
②毛のフクレタ鳥
③フクラフ(父食)/ハハクラフ(母食)/フホクラフ(父母喰)
④フクロ(袋)
⑤ugutt(モンゴル語で梟の意)

◇ 私見
梟の鳴き声は不気味なものとされている。

狼の性、 梟の情にして、鼠のごとく窺ひ、狗のごとく盗む。

常陸国風土記

梟の情とは、悪鳥といわれる暴虐性のこと。古代中国では、梟を悪声と評価し、後に親を食う不孝の鳥というイメージが発生した。

・気色ある鳥のから声に鳴きたるも、 梟はこれにやとおぼゆ
・もとより荒れたりし宮〈中略〉うとましう、気遠き木立に、梟の声
・梟の鳴かむよりも、いともの恐ろし

源氏物語

方言も、フルツク・ホーホードリ・ホロスケなど、泣き声に基づくと思われるものが多い。しかし、フクロウ科の鳥が全て同じ声で鳴くわけではない。また、古代において、声よりも独特な形状のほうに注目されている。

私見
梟は親を食べない。

私見④&⑤
モンゴル語で、袋(フクロ)を "uguta"、梟(フクロウ)を "ugutt" と言う。2語の類似性と音が日本語と似ているようだ。
uguta > hugudo > hukulo、
ugutt > hugud > huguda > hugudo > hukulo
無理があるように思われる。しかし、梟は上代、「フクロフ」といったため、語源が袋に通じている可能性は高い。

その他
梟は特殊な鳥で、古代から強烈なイメージが付加されてきた。ギリシア神話では、知恵と戦争の女神アテネの随従である。その理由は、賢者のごとき目にあるとされている。縄文土器にも、梟の目の部分を抽象化したデザインのものがある。

ふんわりとしたまとめ

梟の語源は、分からない


参考

-動物
-,

Copyright© 気になる言葉 , 2020 All Rights Reserved.