「ミイラ」の語源

11月 2, 2019

今回、語釈を引用した国語辞典は
『新明解国語辞典 第七版』

ミイラ【木乃伊/蜜人】

◇ 語釈
[mirra=没薬(モツヤク)という防腐剤の名]
人間などの死体が、自然(人工的)にそのままの形でかわいて固まったもの。蜜人(ミチヒト|ミツジン)。「―取りが―になる〔=人を連れもどしに行った者が、自分も同じようにとりこになってしまう〕」「木乃伊」は、オランダ語 mummie の音訳という。かぞえ方:一体(イッタイ)

解字
【蜜】形声。虫+宓声。宓は、びっしりつまっている・封じこめる意。蜂が巣の中にびっしり封じこめたみつの意を表す。篆文は、虫虫+鼏声。鼏はおおう意。

語源
ミイラ
↑mirra(ポルトガル語:没薬)
↑myrrha(ラテン語:没薬)
↑mumia(中世ラテン語:瀝⻘)
↑mūmiya'(アラビア語:瀝⻘)
↑mūm(ペルシャ語:蝋)

◇ その他
日本語の「ミイラ」は16〜17世紀にポルトガル人から採り入れた言葉とされる。本来「ミイラ」は没薬を意味するが、遡れば英語 mummy と同源である。

ミイラ
日本語?
↑mirra
ポルトガル語
没薬(メラ)
中国語
↑myrrha
ラテン語
mummy
英語
↑myrrha
ラテン語
↑mumia
中世ラテン語
↑mumia
中世ラテン語
↑mumia
中世ラテン語
↑mūmiya
アラビア語
↑mūmiya
アラビア語
↑mūmiya
アラビア語
↑mūm
ペルシャ語
↑mūm
ペルシャ語
↑mūm
ペルシャ語

myrrha は、アフリカ、アラビアなどに自生するカンラン科の植物。myrrha から取った樹脂が、ミイラをつくるのに用いられた。

本邦の先輩、木乃伊をミイラなりとす、然るに紅毛医の曰、ミイラは木乃伊にあらずといふ、未知何是

大和本草(1709年)

陶宗儀が元の時代の事柄を詳しく記した『輟耕録(1366年)』に漢字表記の「木乃伊」が出現する。「木乃伊」は日本語の漢字音読みで「モクダイイ」、北京語読みで「ムーナイイー」である。「木乃伊」は当て字(中国での音写)とされているが、正確には不明。「木乃伊」はモミイと読み、オランダ語 mummie などに由来するという説もあるが、「乃」は「ミ」と発音しない。慣用読みだろうか。

木乃伊 ラテンでムミヤと呼び、和蘭呼びてモミイといふ

東雅(1717年)

「ミイラとる人ミイラなり」ということわざの用例は、江戸時代から見られる。

ふんわりとしたまとめ

ミイラの語源は、ポルトガル語 mirra(没薬)


参考

  • 暮らしのことば 新語源辞典
  • 広漢和辞典
  • 語源海
  • 新明解国語辞典 第七版
  • Online Etymology Dictionary -mummy-
  • Wikipedia -ミイラ-

サムネイルに用いた写真は、ツタンカーメン王の石棺を見るハワード・カーターである。

-
-,

Copyright© 気になる言葉 , 2020 All Rights Reserved.